ガールズバーで働く際の注意点

ガールズバーで働くときは、色々な注意点に気を付けましょう。 - ガールズバーの仕事をする場合に注意したい「接待」と「接客」のキーワード

新着情報

●2015/10/19
ガールズバーで働く場合はノルマもペナルティもありません!の情報を更新しました。
●2015/10/19
ガールズバーの仕事をする場合に注意したい「接待」と「接客」のキーワードの情報を更新しました。
●2015/08/03
運営者情報/プロフィールの情報を更新しました。
●2015/08/03
年齢が高めでもガールズバーで働くことは可能でしょうか?の情報を更新しました。
●2015/08/03
ガールズバーは1時間が勝負!の情報を更新しました。

ガールズバーの仕事をする場合に注意したい「接待」と「接客」のキーワード

女性がガールズバーで働きたい場合に良くある質問で<接待・接客はどこまでの範囲をするの>というものがあります。
これは女の子ならば誰しも気になることでしょう。
今回は【ガールズバーの仕事をする場合に注意したい「接待」と「接客」のキーワード】について解説します。

「接待」と「接客」の意味の違い

両者の意味の違いをしっかりと理解しておかないとトラブルになったりします。
似たような言葉ですが、法律上では違います。
「接待」とはゲストを楽しませる目的で実施するいろいろなサービスのことを指します。
ガールズバーで「接待」をすると違法行為になります。
「接客」は来店されたゲストをおもてなしする儀礼的な行為のことを指します。
具体的には来店されてカウンター席へ座ったときの挨拶があります。
また注文を聞いておつまみや飲み物を出す行為も接客です。

ガールズバーの定義を理解しよう

「店内にカウンターが設置してあり、カウンター越しにバーテンダーの女子が接客する店舗」――これが定義です。
このようにキャバクラやスナックのようにゲストと一緒にカラオケを歌ったり手拍子をすることもシビアに言えば違法行為になります。
法律は記載されている文章や単語はとても難解で理解しづらいです。
ですが実際には法律で「接客」と「接待」は明確に使い分けています。
こういった法解釈は覚えておいて損はありません。

危険に注意をしましょう

ガールズバーで女性バーテンダーを募集するときに「接客」か「接待」かどちらの言葉を使っているかしっかりと確認しましょう。
もしも「接待」ということばを使っているならばその店舗では仕事をしない方がいいでしょう。
法律や取締には抜け穴があります。
そういったグレーゾーンで経営しようとしている業者の可能性があります。
リスクのあるガールズバーで仕事をするのはお薦めできません。
ガールズバーはクラブやキャバクラなどと比較するとリーズナブルな料金帯になっています。
カジュアルな客層が中心になっているようです。
こういった観点から見ても普段のトークをすることで特に意識をすることもないです。
気負わなくてもいいのがガールズバーの仕事でしょう。
今回のテーマは【ガールズバーの接客はどういったトーク内容なの?】です。

最低限のマナーや接客ルールを守ればOK!

hngdhythyt
サービス業の接客ですから楽しくお酒を飲んでいただく雰囲気を作らなければなりません。
こういったことは先輩の女の子や店舗のスタッフがきちんと教えてくれます。
けれどもクラブやキャバクラのような厳しい上下関係がないのです――これがガールズバーバイトの良いところでもあります。
女性特有の派閥なんかも一切ありません。

トークに困ったら……

話題が出ないときは趣味の話が多いですね。
また、昼間やっていることの話でいいのです。
現役の女子大学生ならば学校の話でもいいです。
OLさんや副業をしている女性ならば本業の話なんかはどうでしょうか?
共通した話題という面では、テレビドラマなどの番組の話や映画の話などは盛り上がります。

恋バナは意外と盛り上がる!

男性客は女の子の恋愛観や恋人との恋愛の話は楽しいみたいです。
ですが、彼氏との愚痴や片想いの相談はちょっと場の空気が重くなるので避けましょう。
お客様の雰囲気を見ながらトークテーマは選ぶといいです。
人間関係の話に深入りすると少々厄介です。
それなりの人間関係ができてから話をするのが吉です。

まとめ

お友達や先輩とお酒を飲むときのスタンスを考えれば間違いないでしょう。
最低限のエチケット・マナーを守りならが気をつかいましょう。
そして、接客する側の女の子も楽しめるトークの方が店舗の雰囲気も明るくなります。

ガールズバー新宿
新宿のガールズバーを探すならガールズウォーカーがオススメ

Copyright(C)2015 ガールズバーで働く際の注意点 All Rights Reserved.